<BMW選手権 初日◇17日◇コンウェイ・ファームズ(7,251ヤード・パー71)>

 イリノイ州にあるコンウェイ・ファームズを舞台に開幕したプレーオフ第3戦『BMW選手権』。その初日、松山英樹はノーバーディ・2ボギーで4番ホールをプレー中に悪天候のためサスペンデッドとなった。

遼、英樹らのプレーオフの激闘を写真でチェック!
 ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ブラント・スネデカー(米国)と共にINからスタートした松山は13番で約3メートルのパットを外しボギーが先行。18番パー5では2オンを狙うもボールはグリーン手前のクリークへ。しかし、ボールがきれいに見えていたためそのままウォーターショットを敢行。グリーンはヒットするもオーバーして反対のバンカーへ。結局このホールもボギーとし2オーバーで折り返した。折り返してもバーディを奪えず、4番のセカンドショットを終えたところで雷により中断。そのままサスペンデッドとなった。

 フェアウェイキープ率は40パーセントと低迷、本来の姿が見られなかった松山。持ち前のショットで何とかチャンスを作るも、グリーン上で苦戦し低調な滑り出しとなった。

 ちなみに残りのラウンドは明日の7時30分から再開。今日の悪天候を恵みの雨として、悪い流れを断ち切りたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>