<BMW選手権 事前情報◇16日◇コンウェイ・ファームズ(7,251ヤード・パー71)>

 昨年10月より始まった米国男子ツアー14年-15年シーズンも残り2戦。1年かけて戦ったフェデックスカップレースもいよいよ大詰めだ。今週はプレーオフ3戦目の『BMW選手権』、最終戦の『ツアー選手権』出場権をかけて、熱戦が繰り広げれる。

ここまでのシーズンをフォトギャラリーで振り返る!
 今大会終了時点のポイントランク上位30名が、最終戦に進出する。最終戦ではそれまでに獲得した持ち点がリセットし、改めてその時点の順位によってポイントが与えられ、年間王者が争われる。30位ギリギリの選手でも年間王者の可能性が残されてはいるが、1位から5位の選手は優勝すれば、無条件で年間王者が確定するのに対し、6位以下の選手はいろいろな条件が徐々に加わるため、下位に行くほど年間王者は厳しくなる。やはり年間王者を狙うにはトップ5以内で最終戦進出したいところだ。

 2年連続でこの大会に出場する松山英樹は、現在持ち点1,783ポイントでランキング16位につけている。5位のバッバ・ワトソン(米国)と1,546ポイント差。5位以内に入るためには優勝の2000ポイントがほしいところだ。ちなみに今週は70名のみ出場のため予選カットなしで4日間戦う。今シーズン優勝が無い松山だが、シーズン大詰めでシーズン初優勝を挙げ、年間王者争いに加わりたい。

 初日2日目、松山はローリー・マキロイ(北アイルランド)、ブラント・スネデカー(米国)とラウンドする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>