<エビアン選手権 最終日◇13日◇エビアン・リゾートGC(6,453ヤード・パー71)>

 今季の海外メジャー最終戦「エビアン選手権」最終日。史上最年少メジャー優勝のLPGA記録への最後の挑戦となっていたリディア・コ(ニュージーランド)は首位と2打差・トータル8アンダーで最終日を迎えたが、圧巻の“63”で8つスコアを伸ばし、トータル16アンダーで逆転勝利。

【関連】米国女子ツアー フォトギャラリー
 この勝利で、2007年『クラフトナビスコ選手権』でのモーガン・プレッセル(米国)による史上最年少メジャー優勝記録・18歳10か月9日を更新する、18歳4か月20日での新記録を樹立した。

 トータル10アンダーで2位につけたのはレクシー・トンプソン(米国)、3位にはトータル8アンダーでフォン・シャンシャン(中国)が入っている。

 日本勢の最上位は宮里美香と野村敏京のトータル2オーバー・34位タイで、宮里藍はトータル3オーバー・38位タイ、上原彩子は4オーバーで46位タイとなっている。

【最終日の順位】
1位:リディア・コ(-16)
2位:レクシー・トンプソン(-10)
3位:フォン・シャンシャン(-8)
4位T:イ・ミヒャン(-7)
4位T:イルヒー・リー(-7)
6位T:アリソン・リー(-6)
6位T:リー・アン・ペース(-6)
8位T:インビー・パーク(-5)ら3選手

34位T:宮里美香(+2)
34位T:野村敏京(+2)
38位T:宮里藍(+3)
46位T:上原彩子(+4)

<ゴルフ情報ALBA.Net>