<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 最終日◇13日◇パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ(6,735ヤード・パー72)>

 テレサ・ルーの優勝で幕を閉じた国内女子メジャー第2戦『日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯』。今大会話題となったのは女子ツアー史上最長となるモンスターコース。最終日ではアンダーパーを出したのは3人のみ。多くの選手が苦戦を強いられた。そんな中、去年の賞金女王アン・ソンジュ(韓国)は最終日こそイーブンパーのラウンドだったが、3日間アンダーパーでラウンド。トータル3アンダーの5位タイで大会を終えた。優勝争いには絡むことは出来なかったが、この難コースでも安定したプレーを見せた。

ライブフォトで4日間を振り返る!
 また、今大会では新鋭・永峰咲希が躍進。2日目では“67”をマークし2位に浮上、決勝ラウンドではスコアを落としトータル1オーバーの13位タイで終えたが、その活躍に目を引いた。

 今季3年ぶりのツアー優勝を果たし復活した服部真夕は、初日首位に立ち初メジャー制覇に期待がかかったが徐々に順位を落とし、最後トータル1アンダーの7位タイでフィニッシュ。それでも好プレーも見せ、完全復活をアピールした。

以下、各選手のコメントを掲載。

アン・ソンジュ(-3・5位T)
「自分的には満足できていないです。前半もっとバーディパットを決めておきたかったけどラインが読みにくくて決められなかったのが3、4個あったので、それが上手くいけばもうちょっと感嘆にゴルフが出来たかなというのはあります」。
「結果としても満足出来てはいないけど、大きな大会で難しいコースでトップ10に入れたというのは嬉しいことです」。

永峰咲希(+1・13位T)
「昨日と同じホールでボギーを打っているので悔やまれますよね。防げないボギーではなかったので、結果ボギーなのでまだそれが未熟」。
(この2日間は良い経験?)「そうですね。もっといろんな技が必要と感じました。アイアンは得意だったけどもっと磨かなければいけないと思いましたね」。

服部真夕(-1・7位T)
「上がりのボギー・ボギーが無ければ最高だったけど…。18番はフォローだったので、ティショットさえしっかり打っていければよかったけど右に曲げてしまったので…」。
(来週は地元大会だけど)「良い調子で来てるんですけど、あそこは優勝もしているけど苦手なコースなんですよね(笑)。ティショットのイメージが良くなくて。あまり気負い過ぎず、頑張ってやっていきたい」。

<ゴルフ情報ALBA.Net>