<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 最終日◇13日◇パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ(6,735ヤード・パー72)>

 先々週、先週と2連勝しメジャー大会に臨んだイ・ボミ(韓国)だったが、史上2人目の3週連続優勝はならなかった。

イ・ボミのここまでのシーズンを写真館で振り返る!
 2打差で首位のテレサ・ルー(台湾)と上田桃子を追いかける展開に、序盤から攻めた。「テレサさんに負けたくない」という気持ちがパターに乗り移ったかのように開始5ホールで3バーディ。一気に首位のテレサらをつかまえる。

 だが、勢いはそこでストップ。そこから抜け出すことができなかった。「チャンスがなかなか来なかったし、来た時に決めることができなかった」と6番以降はノーバーディ。「後半はグリーンが固くて止まらなかった」とボギー2つと踏ん張りきれなかった。

 昨年大会では父の様態が悪化し無念の途中棄権。それだけに懸ける思いも強かった。「今日はお父さんのためにもっと頑張りたいと思ったけど、そうなれなかったのでそれが一番悲しいです」と悔しさを滲ませた。

 だが、初日から「2週連続で優勝して疲れがある」とコンディションが良くなかっただけに、その中での4位という成績には及第点だろう。「4位になれるとも期待してなかった。最終日最終組で良いプレーを2人に見せてもらったし、勉強になった」とボミ。「また来週、元気に頑張りたい」と体調を整えてホステス大会へと向かっていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>