<片山晋呉インビテーショナルネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯 準決勝◇12日◇恵庭CC(6,988ヤード・パー72)>

 「片山晋呉インビテーショナルネスレ日本マッチプレー選手権 レクサス杯」の最終日。時折強くなる雨が降る中、準決勝と決勝マッチが行われ、今平周吾との戦いを制した大会ホストの片山晋呉と、近藤共弘とのマッチを勝ち抜いた武藤俊憲が決勝へ進出。武藤が3&1で片山を下し、優勝賞金7,000万円と欧州ツアーハッサンII世トロフィへの出場権を手にした。

今大会をフォトギャラリーで振り返る!
 決勝マッチは片山が1番から3連続アップを奪う急展開で幕開け。それでも、4番で片山がボギーを叩いて武藤が取り返すと、逆に6番からは武藤が3連続アップで逆転した。後半は攻める片山に対し、武藤も一歩も引かない展開。13番から3連続バーディを奪うなどして片山をねじ伏せた。

【準決勝の結果】
片山晋呉○ 2UP ×今平周吾
近藤共弘× 1UP ○武藤俊憲

【決勝の結果】
片山晋呉× 3&1 ○武藤俊憲

<ゴルフ情報ALBA.Net>