<エビアン選手権 3日目◇12日◇エビアン・リゾートGC(6,453ヤード・パー71)>

 今季の海外メジャー最終戦「エビアン選手権」の3日目。日本勢は初日から苦戦が続いているが、このムービングデーもチャージを見せる選手は現れず、優勝争いには絡めずに終りそうだ。

 2日目に野村敏京が11位タイにつけたが、この日は3バーディ・6ボギーの“74”とスコアを3つ落としフィニッシュ。トータルイーブンパーでホールアウト時点で29位タイまで後退した。

 これで日本勢でアンダーパーの選手は一人もいなくなった。上原彩子は1つスコアを伸ばしトータル1オーバーで現在34位タイ、宮里藍はトータル3オーバー41位タイ、宮里美香はトータル5オーバーで51位タイとなっている。

 トータル9アンダーまで伸ばしているリディア・コ(ニュージーランド)ら5選手が現時点で首位を併走。試合は混戦模様となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>