<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 3日目◇12日◇パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ(6,735ヤード・パー72)>

 「テレサさんに負けたくない!」。その気持ちがイ・ボミ(韓国)のスイッチを押した。「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」の3日目、首位と6打差の19位タイからスタートしたボミは“68”で4つ伸ばし3位タイに浮上、2打差まで詰め寄った。

3連勝を狙うボミ、ここまでの試合を写真館で振り返る!
 中位からスタートに、「今日は攻めないと。ビビッては駄目」と自分に言い聞かせたボミ。その言葉通り「ピンを見てしっかりできた」とチャンスを量産し4バーディを奪取。多くの選手がスコアを落とす中、トップの見える位置まで上り詰めた。

 昨日2位に浮上したテレサ・ルー(台湾)への闘争心がボミのハートに火をつけた。ボミとテレサは賞金ランク1位と2位。トップのボミが約6,000万円リードしているが、昨年は約5,200万円あった差を、「日本女子オープン」、「リコーカップ」とメジャーを連勝したテレサにひっくり返されてしまった。それだけに女王戴冠へ最も警戒する相手だ。「テレサさんが上にいると頑張れます。良い選手だけど、負けたくないですね」と疲労困憊の身体に鞭を入れた。

 「疲れもあるけど、明日は緊張感を楽しみたい。あと1日なので、キャディの清水さんと共に頑張りたい」。明日は最終日最終組でそのテレサと直接激突。ライバル対決を制し、ツアー史上2人目の3週連続優勝を達成することができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>