<日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯 2日目◇11日◇パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ(6,735ヤード・パー72)>

 国内女子メジャー2戦目「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」の2日目。原江里菜が2番パー4でイーグルを奪うなどスコアを5つ伸ばし2位タイに浮上した。

今季の原江里菜の活躍を写真館で振り返る!
 OUTからスタートしてすぐの2番パー4。残り83ヤードから放ったセカンドショットはピンの手前に着弾。落ちた位置を見た原は「ちょっと弱かったな」と思ったが、ボールは下り傾斜に乗り、そのままカップイン。このホールをイーグルとすると、その後も3バーディを奪取。ノーボギーで駆け抜け首位に2打差まで詰め寄った。

 今日のベストスコアタイを叩き出した原が、キーホールに上げたのはイーグルの2番ではなく、次の3番。「イーグルを奪った次のホールで3打目が50ヤード残ってしまった。だけど、そこから1メートルにつけてパーをセーブできたことが今日の流れを作れたと思う」。ピンチで凌ぎ掴んだ流れを放さなかったことがスコアに繋がった。

 ショットの調子は100点とはいかないが、「今日のパットは優勝時よりも良かった」と原。「3パットなどの凡ミスをしないようにすれば必ず良い位置にいけると思う。その為にもメリハリをつけたゴルフを冷静にやっていきたい」。自信と冷静さを胸にムービングデーに臨む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>