<国内男子賞金ランキング>

 国内男子ツアー『フジサンケイクラシック』終了時の国内男子賞金ランキングが発表された。同大会を制したのは現在賞金ランク1位のキム・キョンテ(韓国)。獲得賞金2,200万円をプラスし、トータル約8,000万円の独走態勢に。2010年以来となる賞金王も見えてきた。

『フジサンケイクラシック』をフォトギャラリーで振り返る
 また、最終日6つのばす怒涛の追い上げをみせた岩田寛は、同大会4位とし、獲得賞金484万円をプラス。賞金ランク2位をキープした。岩田は来週10日(木)からPGAツアー入れ替え戦に出場する。


【国内男子賞金ランキング】
1位:キム・キョンテ(79,962,533円)
2位:岩田寛(57,308,312円)
3位:ブラッド・ケネディ(40,927,733円)※
4位:I・J・ジャン(37,230,500円)
5位:リャン・ウェンチョン(36,473,600円)
6位:アダム・ブランド(35,432,300円)
7位:マイケル・ヘンドリー(32,836,507円)
8位:小田孔明(31,771,412円)※
9位:池田勇太(31,729,737円)
10位:片岡大育(30,231,150円)
11位:手嶋多一(27,190,500円)
12位:ソン・ヨンハン(27,170,723円)※
13位:キム・ヒョンソン(27,043,855円)
14位:山下和宏(26,888,533円)※
15位:今平周吾(26,654,350円)※

(※は今季未勝利)

<ゴルフ情報ALBA.Net>