<ドイツ銀行選手権 3日目◇6日◇TPCボストン(7,242ヤード・パー71)>

 米国男子ツアープレーオフシリーズ第2戦「ドイツ銀行選手権」3日目。10位タイ発進とで、上位との差を少しでも縮めておきたい松山英樹のムービングデーは4バーディ・2ボギーの“69”。トータル8アンダーに伸ばし、単独首位に立ったヘンリック・ステンソン(スウェーデン)と5打差の6位に浮上を果たし、最終日の逆転へ可能性を残すポジションにつけた。

松山英樹、イーグル奪取でガッツポーズ
 「グリーンが硬くなっていた。スピードは昨日の方が速かったけど、硬さとスピードの感じがちょっと合わなかった」とパッティングに苦戦したと振り返った松山。9番で初バーディを奪うと、ハーフターン後の10番でも奪取し、連続バーディ。だが終盤に差し掛かる14番でセカンドショットにバンカーに入れて、3打目は脱出するだけになってしまう。「セカンドの状況からするとボギーにしなくてもいいホールでしたが…。でもよくボギーで上がれたなと思う」と悔やまれるこの日初ボギー。続く15番で取り返すも、16番パー3はグリーンを外し、再び1つ落としてしまう。

 どうしても伸ばして終わりたい上がりの18番は、前日からの連続イーグルを期待させる2オンでカップから6m地点につけるもイーグルパットは外れる。それでも最終日につながる貴重なバーディを奪い、順位を上げることに成功した。

 「もうちょっと伸ばしたかったが、崩れずにアンダーパーでフィニッシュできたのは良かった」と満足はしていないものの最低限の結果を得た3日目。「最後の方に良くなってきていたし、中盤でのショットの悪さがなくなれば、普通の状態に戻ると思います」と調子が徐々に上向いてきている感触もある。

 「厳しいコースコンディションなので、誰かが本当に良いゴルフをしない限りは飛び抜けないと思っていた。明日もグリーンが硬ければ硬いほど上も伸びない。どんどん狙っていくチャンスはあるかな」と展望を語った松山。5打差から迎える最終日は「久しぶりの優勝争い。簡単にはいかないと思うが、(明日は)午前中にしっかり追いついて、後半に勝負をかけたい」と前半から猛チャージをかけ、勝負に挑む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>