<フジサンケイクラシック 2日目◇4日◇富士桜カントリー倶楽部(7,471ヤード・パー71)>

 ティショットは曲がったり、ゴロ球だったり…。グリーン上ではパットを打ったらボールの行方を見定めずにすぐ歩き始めたり…。川村昌弘のプレーを1ホールだけ見たギャラリーには“投げやり”に写ったことだろう。だが、スコアは伸びていく。伸ばしやすいINコースの後半では3連続バーディに、イーグル。「ショットの内容は酷いものばかり」という日にも関わらず、4つ伸ばし単独2位浮上した。

国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 「昨日はティショットが良かったんですが、今日は左に曲がって。8番でも林にぶち込みましたし…」。前半は2バーディ・1ボギーで1つスコアを伸ばすも本人いわくショットは大荒れだった。だが「後半はライナーというか…“ゴロ球”しか打っていませんよ。そのほうが意外と距離が出ますしね」と前半荒れていたショットをすぐに修正、「奇跡的に入っているパッティング」も相まって流れをスコアを伸ばした。

 「今週はパットが入っている。自分のいい時は“打ってすぐ歩いていたなぁ”ということを思い出したんです」。

 先週の『RIZAP KBCオーガスタ』初日でのパッティングが酷く、悩んだという川村。「悪いときは“丁寧に!”とか“しっかりとしたストロークを!”とか考えたりすることもありますが、いくら考えたって良くならない。リズムだけ気をつけようと」。そこで先週2日目からは「ポーンと立って、ポーンと打って、入っても入らなくもすぐ歩き始めて。まあ入らなかったら格好悪いですけど(笑)」。『RIZAP KBCオーガスタ』大会期間中は結果が出なかったが今週は“奇跡的なパット”を連発。

 「ショットは“宙に浮いている”感覚で立っているほうなのですが、パットのアドレスだけは違っていたんです」。今週はショットと同じ感覚でパッティングを行ったことが好結果につながっている。

 2013年『アジアパシフィックパナソニックオープン』を優勝して得たアジアンツアーの出場権で、2014年はヨーロッパやアジアツアーを渡り歩いた川村。今季、『日本プロゴルフ選手権』の前週に行われた『アフラシアバンク・モーリシャスオープン』で欧州ツアー自己最高の5位に入るなど異国の地でも成長を重ねている。試合の中でのショット修正力やパッティングの感覚を整える術などは、過酷な海外ツアーで積み重ねてきた経験値の賜物だろう。

 今季ツアー後半は欧州ツアー予選会を断念、国内ツアーとアジアツアーの賞金ランキングを上げていくことを第一目標(現在国内49位、アジア31位)に置いている。昨季は国内賞金ランク80位でシード外になり、今季は2013年優勝の資格で国内ツアーに出場しているだけに、今大会で賞金を積み上げ、早めのシード確定をしたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>