<フジサンケイクラシック 2日目◇4日◇富士桜カントリー倶楽部(7,471ヤード・パー71)>

 国内男子ツアー『フジサンケイクラシック』の2日目。全選手がスタートした時点で、初日1アンダーの13位タイにつけたキム・キョンテ(韓国)が8バーディ・1ボギーの“64”をマーク。トータル8アンダーまで伸ばし単独首位に躍り出た。

 3打差のトータル5アンダー2位タイには市原弘大とマシュー・グリフィン(オーストラリア)の2人がつけた。続くトータル4アンダー4位にはイ・キョンフン(韓国)。トータル3アンダーの5位タイには深堀圭一郎、額賀辰徳、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)ら5人が並んだ。さらにトータル2アンダー10位タイには小田孔明、プラヤド・マークセン(タイ)、S・K・ホ(韓国)ら6人がつける。

 その他では藤田寛之、宮里優作らがトータルイーブンパーで22位タイ。ディフェンディングチャンピオンの岩田寛、池田勇太らはトータル2オーバーの42位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>