<フジサンケイクラシック 初日◇3日◇富士桜カントリー倶楽部(7,471ヤード・パー71)>

 『フジサンケイクラシック』初日の注目組は午後スタートの小田孔明(賞金ランク8位)、池田勇太(ランク9位)、片岡大育(ランク10位)のペアリングと、その一つ後ろの岩田寛(ランク2位)、今平周吾(ランク15位)、手嶋多一(ランク11位)のペアリング。現在の賞金ランク上位に位置する選手が集まった2組だったが“耐えれた選手”“耐えれなかった選手”が明確に分かれた。

国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 前年度覇者の岩田は“すべてダメ”と振り返る初日となったが、3バーディ・2ボギーの1アンダーで13位タイ発進。「全体的にあまり伸びていないのが唯一良かった」と自身のプレーにも手応えがない中でも、被害を最小限に収めるゴルフで初日を乗り切った。

 難関ホールの5番パー4(※535ヤード、初日の悪天候のため501ヤード)では「結構左にいって…。林に入るとボギーで上がるのもいっぱい一杯ですが、割と出しやすいところにあった」と“ダボ”の可能性のあるティショットながらボギーで凌いだ。「10番も曲げたけどセカンド地点は狙えるところにあったし、14番もね」。ティショットは左に、アイアンは右に、とショット全般が不安定な中で“2ボギー”に留めたが、「本当にツイていた感じです」。

 池田も苦しい展開ながらも粘りを見せた一人。5番で痛恨のダボで2オーバーとなり、後半立ち上がりにはイーブンに戻すも11番、16番のボギーで再び2オーバー。しかし17番パー5で1つ取り返し、1オーバーフィニッシュ。「粘ったは粘ったけど、最低はイーブンだと思っていた。グリーンで打ち切れなかった自分の責任。ショット、パットともに調整が必要かな」と悔しさを見せるも、「明日は午前組なのでしっかり伸ばす」と語った。

 一方、小田、片岡、今平は3オーバー、手嶋は7オーバーと荒れた初日に。現在賞金ランクは2位の岩田を除いて7位までが海外勢。日本人上位にいる選手たちは差を詰めるためには予選落ちは避けなければならない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>