<フジサンケイクラシック 事前情報◇2日◇富士桜カントリー倶楽部(7,471ヤード・パー71)>

 ツアー会場のドライビングレンジ、練習グリーンでは出場プロが様々な練習器具を用いて、試合に向けて調整を行っている風景を見ることができるが、『フジサンケイクラシック』開幕前日の練習グリーンで塚田好宣が、グリーンの速さを測る“スティンプメーター”のような練習器具を持ち出し、プロ達の注目の的に。

【関連】塚田の一風変わった練習風景はこちら!
 レーザー照射できる滑り台のような器具でボールをコロがし始めた塚田。レーザーが照らす方向へ幾度かボールをコロがし、カップインするラインを見つけたら、アドレスに入りパット練習を開始した。この『THE PERFECT PUTTER』は、適正なコロがり、スピードで入るラインを見つけてパッティングのイメージ作りができる器具で、塚田は海外サイトにて600ドルで購入をしたという。

 塚田が使っていたのは『THE PERFECT PUTTER』と“H”の形状をした『THE“H” ALIGNMENT AID』というボールの打ち出し方向を整えてくれる補助器具の2つ。

 一般のゴルファーには少し高価だが、真っすぐのライン、スライスライン、フックラインを見極めることができ、闇雲に打つのではなく練習したいラインをしっかりと狙っていける練習ができるので、朝の練習グリーンでの貴重な時間の効率化が図れる。

 朝のパット練習を充実させたいゴルファーは試してみるのもいいだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>