<ニトリレディスゴルフトーナメント 2日目◇29日◇小樽カントリー倶楽部(6,483ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「ニトリレディス」の2日目。首位からスタートしたイ・ボミ(韓国)がスコアを3つ伸ばし首位をキープ。完全優勝に向け、最終日に攻撃的なゴルフを見せることを誓った。

ボミ、3勝目に王手!2日目のプレーはライブフォトで!
 「このコースは我慢するところ、攻めるところをちゃんとしないといけない。メジャーのつもりでやっています」と語るボミ。バーディパットでも下りで速いとみるや無理して狙わずパー狙いに切り替えるなど、メリハリのあるゴルフでリーダーボードの最上位を死守した。

 そんな老練なプレーで賞金ランクトップを快走するボミが一番恐れているのが2位のテレサ・ルー(台湾)。現在約4,000万円差があるものの、ボミの2勝に対しテレサは3勝。加えて昨年、シーズン途中に約5,200万円あった差を、メジャーを連勝したテレサに最後にひっくり返されてしまっただけに誰よりもその怖さはボミ自身が分かっている。「テレサさんが3勝したので、私も早くしたいです!」とライバル不在でも鼻息は荒い。

 「今年は2位が多いので、スコアを落とすかもしれないけど攻撃的にいきたい」。“メジャー級”の難コース相手でも守るつもりはさらさらない。攻めのゴルフで女王の座をグッと引き寄せることができるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>