<ニトリレディスゴルフトーナメント 初日◇28日◇小樽カントリー倶楽部(6,483ヤード・パー72)>

 北海道にある小樽カントリー倶楽部で開催している国内女子ツアー「ニトリレディス」。その初日、飛ばし屋・渡邉彩香が3バーディ・ノーボギーの“69”でラウンド、首位タイに立った。

渡邉彩香、会心のゴルフで首位発進!ライブフォトで振り返る
 INからスタートした渡邉は13番で5メートルを沈めてバーディを先行させる。そして多くの選手が鬼門にあげている15番から18番をパーで切り抜けると、バックナインでは2つバーディを奪い、3アンダーでホールアウト、難コースをノーボギーで駆け抜けた。

 先週の「CAT Ladies」では最終日最終組で回り、優勝争いを演じたが、終盤の16番でダボを叩き優勝争いから脱落。ホールアウト後には目に涙を浮かべていた。そうした悔しさを、「小樽でやるニトリを待ち望んでいたので」と切り替えて北海道入り。

 だが、日に日に不安が募ってくる。なぜなら“ロングヒッター向き”と楽しみにしていたコースだが「飛んでも曲がるとチャンスにつかないし、ラフに入ったらノーチャンス」と期待したものとは異なった。さらに、ショットのリズムが一向に噛み合わない。試合に向けて悩みは増すばかりだった。

 そんな不安の中で迎えた初日だったが、悩みを吹き飛ばす会心のゴルフを展開。「最近良い感じでプレーできていたので、そのイメージでやりました。今日も良い流れでできたと思います」。「今日はグリーンを外したのは一度だけ」と不安が嘘のような危なげないラウンドとなった。

 不安の中で結果を出せたのは今季2勝目へ好材料。さらに明日も組み合わせが変わらないため、「良いリズムで回れました」という成田美寿々と服部真夕との組み合わせも追い風となるだろう。先週のリベンジを果たすためにもまずは明日、好位置をキープして最終日につなげたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>