<ニトリレディスゴルフトーナメント 初日◇28日◇小樽カントリー倶楽部(6,483ヤード・パー72)>

 北海道にある小樽カントリー倶楽部で開幕した「ニトリレディスゴルフトーナメント」。多くの選手が風やグリーンの速さに苦しむ中、成田美寿々は出場選手中最多となる6つのバーディを奪取。3アンダーで首位タイにつけた。

首位につけた成田美寿々のプレーをライブフォトで振り返る!
 そんな成田の好発進に貢献したのが先週から導入したパター、オデッセイの「2ボール」。『全英女子オープン』から帰国後、「世界1位(インビー・パーク)が使っていた」という理由でテストを開始。パットに苦しんだ「CAT Ladies」最終日に早くも実戦投入した。だが、そのときは “78”と奮わなかった。

 しかし、結果が悪くても使用を辞めないのが成田らしいところ。グリップや長さを変えるなど調整を繰り返し再びバッグへ。投入してから2ラウンド目で「3パットせず、バーディパットが思い通り打てた。感触は良いです」と手応えを掴んだ。

 それでもエースは今季2勝を挙げた山田パター工房の「カマクラ」だと語るが、オプションが増えた。成田は2勝目を挙げた「サントリーレディス」では初優勝時のウッドとウェッジを変えるなど、結果を残してもなお、常により良いものを求め続けている。この“探究心”が成田の強さを支えているのは間違いない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>