<ザ・バークレイズ 事前情報◇25日◇プレインフィールド・カントリークラブ(7,012ヤード・パー70)>

 米国男子2014-15シーズンはレギュラーシーズンを終え、いよいよ4試合からなるプレーオフシリーズの戦いに突入していく。初戦「ザ・バークレイズ」はニュージャージー州のプレインフィールドCCが舞台。FedExカップポイントランク125位までの選手が出場し、今大会終了時に25名の選手が姿を消すこととなる。

松山、遼、タイガー!まさに今更新中!PGAフォトギャラリー
 日本勢はランキング20位の松山英樹と124位に滑り込んだ石川遼が参戦。昨年は松山が最終戦まで進出、石川は第2戦で姿を消した。まずは初戦からしっかりとポイントを積み重ねていきたいところだ。

 予選ラウンドの組み合わせは松山がデビッド・リングマース(スウェーデン)、スティーブン・ボウディッチ(オーストラリア)と同組。石川はプレーオフ進出を争ったカミロ・ビジェガス(コロンビア)、ジェフ・オバートンと同組となった。また世界ランク1位のジョーダン・スピースはジェイソン・デイ(オーストラリア)、バッバ・ワトソンという最注目ペアリングとなっている。

プレーオフシリーズは125名が出場する「ザ・バークレイズ」を終えると、100名に絞り込まれて第2戦の「ドイツバンク選手権」。第3戦の「BMW選手権」はさらに絞り込まれて70名となり、最終戦の「ザ・ツアー選手権」は30名の精鋭で争われる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>