<ウィンダム選手権 最終日◇23日◇セッジフィールド・カントリークラブ(7,127ヤード・パー70)>

 セッジフィールド・カントリークラブを舞台に開催されている、米国男子2014-15レギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選手権」。トータル5アンダーの47位タイからスタートした石川遼は1イーグル・4バーディ・2ボギーの“66”でスコアを4つ伸ばし、トータル9アンダーでホールアウトした。

石川遼、松山英樹の写真を毎日更新中!PGAフォトギャラリー
 FedExランク125位以内(大会前の石川は130位)に与えられるプレーオフシリーズ出場権と来季のシード獲得へ勝負の最終日をスタートした石川は3番でバーディを先行させると、パー5の5番。約225ヤードのセカンドを4メートルにつけて今大会2つ目のイーグルを奪って幸先のいい立ち上がりを見せる。

 直後の6番、11番はボギーとしたものの、13番では約137ヤードのセカンドをピンに絡めてバーディとすると、15番パー5もバーディを奪取。さらに17番もバーディとして力強く上位に食い込んで見せた。まだ全選手がホールアウトしていないが、プレーオフシリーズ進出へ、やるべきことはやった。あとは後続組を待つのみだ。

 石川が狙うFedExポイントランキング125位以内は、全4試合からなるプレーオフシリーズ出場と、来季のシード権を決めるもの。石川はすでに賞金ランキングで来季の大部分のトーナメント出場資格は得ているが、FedExポイントでのシード権のほうが出場優先権は高い、いわば“本”シード。賞金ランキングは“準”シードともいえる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>