<CAT Ladies 事前情報◇20日◇大箱根カントリークラブ(6,701ヤード・パー73)>

 2週間前の「meijiカップ」でプロ8年目にして、悲願のツアー初優勝を挙げた西山ゆかり。先週の試合でも4位タイと上位でフィニッシュ、好調を維持し地元・神奈川県で開催される「CAT Ladies」に乗り込んできた。

西山ゆかりのツアー初優勝を写真館で振り返る!
 今大会の会場である大箱根カントリークラブは師匠の芹澤信雄が今年4月に「チームセリザワ・ゴルフアカデミー」を立ち上げた場所。初優勝を挙げる前から「頑張りたい試合」と言っていたが、いい状態を維持してこの試合に臨むことができた。

 西山は「meijiカップ」17番パー3でボギーを叩いて以来、55ホールで連続ノーボギーを継続中。なお、現在の連続ノーボギー記録はアニカ・ソレンスタムの80ホール。西山は2日目の7番ホールで記録に並ぶ可能性がある。

 「記録を更新できたら嬉しいです。1打1打、1ホール1ホール頑張っていきたい」と新記録への意気込みを話した西山。師匠の芹澤は、隣の静岡県で開催されるシニアツアー「ファンケルクラシック」に出場するため会場にはいないが、今週予定している食事会に新記録を手土産にできれば最高だろう。「今週は芽が強いグリーン。パチッとストロークできるようにしたい」、迷わずストロークできれば、今週もいい結果が期待できそうだ。

 なお、現在申ジエ(韓国)がmeijiカップの2日目14番ホールから連続77ホール、歴代2位タイの連続ノーボギーでプレーしている。明日、4番ホールまでボギーを叩かなければ、西山よりも先にソレンスタムの記録を抜くことになる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>