<カナディアン・パシフィック女子オープン 事前情報◇18日◇バンクーバーGC(6,656ヤード・パー72)>

 米国女子ツアー「カナディアン・パシフィック女子オープン」が現地20日(木)からカナダにあるバンクーバーGCで開幕。先週の「キャンビア・ポートランド・クラシック」ではカナダ出身のブルック・ヘンダーソンが2位に8打差をつける圧勝でツアー初優勝を果たした。カナダ人選手の優勝は2001年以来14年ぶり、さらに17歳と11ヶ月での優勝は史上3番目の年少優勝記録だった。そのヘンダーソンは今週母国大会に凱旋出場、自国のナショナルオープン制覇に期待がかかる。ちなみに予選ラウンドではステイシー・ルイス(米国)とリゼット・サラス(米国)と回る。

 また、今大会には日本勢6人が出場。先週日本勢トップの13位に入った横峯さくらは、最終日に久々の会心のゴルフで“65”をマーク、調子が上がってきている。そんな横峯は予選ラウンドをジェーン・ラフ(米国)とフェリシティー・ジョンソン(イングランド)の2人と回る。

 その他の日本勢の組み合わせは宮里美香がブリタニー・ラング(米国)とポーナノン・パットラム(タイ)と。宮里藍はクリスティーナ・キム(米国)とイ・ミリム(韓国)。上原彩子はステイシー・キーティング(オーストラリア)とライアン・オトゥール(米国)。有村智恵がパク・ヒヨン(韓国)とパウラ・レト(南アフリカ)。そして野村敏京がマリアージョ・ウリベ(コロンビア)とジェニファー・ソング(米国)との組合せとなった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>