<全米プロゴルフ選手権 最終日◇16日◇ウィスリング・ストレイツ(7,501ヤード・パー72)>

 今季の海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」はウィスコンシン州のウィスリングストレイツで最終ラウンドを行い、トータル15アンダーの単独首位から出たジェイソン・デイ(オーストラリア)が5つスコアを伸ばしトータル20アンダーでフィニッシュ。悲願の初メジャータイトルを手にした。

松山英樹、石川遼の写真を毎日更新!PGAツアーフォトギャラリー
 トータル17アンダーの2位に今季メジャー2勝を挙げたジョーダン・スピース(米国)。トータル15アンダーの3位にはブランデン・グレース(南アフリカ)、4位にトータル14アンダーのジャスティン・ローズ(イングランド)が入っている。

 日本勢は2日目に“63”をたたき出して一躍注目を浴びた岩田寛がトータル7アンダーの21位タイ。3日目にトリプルボギーを打つなどして失速した松山英樹は、最終日も2つスコアを落としトータル3アンダーの37位タイでフィニッシュしている。小田孔明はトータル6オーバーの72位タイだった。

【最終結果】
優勝:ジェイソン・デイ(-20)
2位:ジョーダン・スピース(-17)
3位:ブランデン・グレース(-15)
4位:ジャスティン・ローズ(-14)
5位T:ブルックス・ケプカ(-13)
5位T:アニルバン・ラヒリ(-13)

21位T:岩田寛(-7)他
37位T:松山英樹(-3)他
72位T:小田孔明(+6)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>