<キャンビア・ポートランド・クラシック 2日目◇14日◇コロンビア・エッジウォーターCC(6,476ヤード・パー72)>

 米国女子ツアーの『キャンビア・ポートランド・クラシック』は2日目の競技が終了。今大会には6人の日本人選手が出場しているが、その中でこの大会の歴代覇者である宮里美香が3バーディ・1ボギーの“70”でトータル4アンダーに伸ばし、30位タイの日本勢トップで予選を通過した。

 また、横峯さくらが6バーディ・3ボギーの“69”でトータル2アンダーとし、野村敏京と並び46位タイで予選を通過した。その他の日本勢は宮里藍と上原彩子がトータル1オーバーの83位タイ、有村智恵はトータル5オーバーの122位タイで予選落ちとなった。

 この日、首位に立ったのは17歳のブルック・ヘンダーソン(カナダ)。ヘンダーソンは2日目を6バーディ・1ボギーの“67”でラウンドしトータル11アンダーまで伸ばした。1打差のトータル10アンダー2位にはキャロライン・マッソン(ドイツ)。トータル9アンダーの3位タイにはフリエタ・グラナダ(パラグアイ)、キャンディ・クン(台湾)、ジェニー・シン(韓国)の3人がつけた。

【2日目の結果】
1位:ブルック・ヘンダーソン(-11)
2位:キャロライン・マッソン(-10)
3位T:フリエタ・グラナダ(-9)
3位T:キャンディ・クン(-9)
3位T:ジェニー・シン(-9)

30位T:宮里美香(-4)
46位T:横峯さくら(-2)
46位T:野村敏京(-2)

83位T:宮里藍(+1)
83位T:上原彩子(+1)
122位T:有村智恵(+5)

<ゴルフ情報ALBA.Net>