<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日◇14日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,583ヤード・パー72)>

 長野県にある軽井沢72ゴルフ 北コースで開幕した「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」。先週の「meijiカップ」で西山ゆかりにプレーオフで敗れた鈴木愛が9バーディ・2ボギーの“65”でラウンド。7アンダーと好スタートを切った。

meijiカップのプレーオフで悔しさをかみしめる鈴木愛
 先週のプレーオフで敗れた悔しさを晴らすかのようなバーディラッシュだった。3番で5メートルのパットを沈めたのを皮切りに3連続バーディを奪うと、7番ボギーの後もすぐに取り返しハーフターン。バックナインでも最初の4ホールでスコアを3つ伸ばすと、上がり2ホールを連続バーディで締めてホールアウト。持ち前の爆発力で、首位と1打差の2位につけた。

 「今日はラッキーも結構あったので100点です」と笑顔で振り返った鈴木。「悪かったショットがかみ合ってきました」とパーオンが増え、バーディパットを打つ回数が増えたことで好調のパットが躍動。8番では9メートルを沈めるなど、今日のスコアを大いに後押しした。

 先週の惜敗から気分を切り替えられたことも好発進につながった。プレーオフで敗れた直後こそ「何で勝てないんだろう…」という思いに陥ったが、帰宅後「周りが伸ばせない中で自分はスコアを出せたし、全部の状況を見ると良いプレーだった。だから、あまり気にしなくて良いのかな」と思考をスイッチ。フラットな気持ちで今日のティオフを迎えることができた。

 以前は初日を苦手としていたが、先週に引き続き好発進を見せた鈴木。「明日もここはスコアの出るコースなので周りを意識せず、自分が伸ばしていくことだけを考えてやっていきたい」。残り2日も、バーディを奪うことだけに集中して戦っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>