<全米プロゴルフ選手権 初日◇13日◇ウィスリング・ストレイツ(7,501ヤード・パー72)>

 今季最後の海外男子メジャー「全米プロゴルフ選手権」がウィスコンシン州にあるウィストリング・ストレイツを舞台に開幕。このコースで行われた2010年大会で最終日、最終18番でバンカーにソールしてしまい2打罰を加えられ優勝を逃したダスティン・ジョンソン(米国)。5年越しのリベンジに臨むジョンソンはこの日1イーグル・5バーディ・1ボギーの“66”をマーク。6アンダーで単独首位に立った。

松山のこれまでの戦いを写真で振り返る
 1打差の2位にデビッド・リングマース(スウェーデン)、2打差の3位タイにはジェイソン・デイ(オーストラリア)、ダニー・リー(ニュージーランド)ら8選手がつけた。この試合が復帰戦となるローリー・マキロイ(北アイルランド)はジョーダン・スピース(米国)らと並び1アンダー24位タイ。タイガー・ウッズ(米国)は3オーバー86位タイと出遅れた。

 日本勢では松山英樹が2アンダーでラウンドし、首位と4打差の15位タイと好位置につけている。岩田寛は5オーバー123位タイ、小田孔明は7オーバー140位タイと大きく出遅れてしまった。


【初日の順位】
1位:ダスティン・ジョンソン(-6)
2位:デビッド・リングマース(-5)
3位T:ラッセル・ヘンリー(-4)
3位T:マット・クーチャー(-4)
3位T:ハリス・イングリッシュ(-4)
3位T:J・B・ホームズ(-4)
3位T:ジェイソン・デイ(-4)
3位T:ダニー・リー(-4)
3位T:マット・ジョーンズ(-4)
3位T:スコット・ピアシー(-4)

15位T:松山英樹(-2)他
24位T:ローリー・マキロイ(-1)
24位T:ジョーダン・スピース(-1)他
86位T:タイガー・ウッズ(+3)他
123位T:岩田寛(+5)他
140位T:小田孔明(+7)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>