<全米プロゴルフ選手権 初日◇13日◇ウィスリング・ストレイツ(7,501ヤード・パー72)>

 今季最後の海外男子メジャー「全米プロゴルフ選手権」がウィスコンシン州にあるウィストリング・ストレイツを舞台に開幕。日本勢の先陣を切って松山英樹が10番ティから現地時間の6時55分にスタートした。

松山のこれまでの戦いを写真で振り返る!
 松山は11番パー5で3打目を約1メートルにつけバーディを先行させると、14番、16番パー5でもバーディを奪取。難関の18番でもスコアを伸ばし、4アンダーで折り返す。

 後半も5番パー5で約3メートルを沈めバーディが先行。しかし、続く6番ではセカンドでグリーンを外すと、寄せきれずボギーに。8番と9番でもボギーとし、終盤にスコアを落としてしまい、初日は5バーディ・3ボギーの“70”でラウンド。2アンダーでホールアウト時点では15位タイとなっている。

 現時点の首位は6アンダーでラウンド中のダスティン・ジョンソン(米国)。岩田寛と小田孔明は現地時間の午後スタート予定となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>