米国女子ツアー創設メンバーの1人であるルイーズ・サッグス氏が7日、91歳で死去したことが、LPGAにより発表された。サッグス氏はツアー通算61勝。1950年には12名のメンバーと共に米国女子プロゴルフ協会設立に尽力した。レジェンドの訃報にゴルフ界からは多くの声が寄せられている。その一部をここで紹介する。

米国女子ツアーフォトギャラリー
 「良き友人でもあるルイーズ・サッグスが亡くなったのを聞きとても悲しいです。私のキャリアを通して彼女に知り合えたこと、そして彼女を友人と呼ぶことができてとても嬉しく光栄です。私が知っていることは、すべて彼女が教えてくれたといつも冗談で言っていました。彼女は皮肉のように言っていましたね。彼女は私にゴルフを教えてくれた訳ではないですが、彼女が愛したようにLPGAのすべてを情熱的に愛し感謝することを教えてくれました。安らかに、ルイ、寂しいわ。」
-- Karrie Webb, LPGA and World Golf Halls of Fame member カリー・ウェブ LPGAメンバー、世界ゴルフ殿堂メンバー

 「ルイは本当に優しかったです。素直で、タフで、賢くて、でも親切。彼女はLPGAを愛しツアーをとても気にかけ貢献しました。彼女が大好きでした!」
-- Charlie Mechem, former LPGA Commissioner 前LPGAコミッショナー、チャーリー・ミケム

 「LPGAに限らずゴルフすべてに献身的でした。性別や他のいかなる要因に限らず、努力や才能は報われるべきであるという信念、公平、平等が彼女の人生そのものだった。彼女は協会の礎を築くのに尽力しただけではなく生涯協会のために力を入れて取り組んでいました。彼女はゴルフとスコッチを愛し、友人と信念には常に忠実でした。25回マスターズを特集しましたが、一番貴重な思い出は毎年彼女が座っているクラブハウスの椅子の横にヒザをついて彼女の話を聞くことでした。彼女の人としての偉大さが唯一、大会でつねにトップ5にいるようなゴルファーとしての偉大さを超えるのかもしれません。彼女が恋しいわ。」
-- Ron Sirak, Senior Writer for Golf Digest ゴルフダイジェストシニアライター、ロン・シラク

 「彼女の話ね! ルイーズのことをウィジーと呼んでいたけれど、彼女は私にインスピレーションを与えて私がベストを尽くすように勇気付けてくれました。試合に対する彼女の情熱は決して忘れられることなく、一緒に過ごした時間をこれからも大切に思います。そして、彼女の人生の素晴らしい旅路に驚くばかりです。」
-- Cathy Levering, LPGA Director of Corporate Partnerships LPGAコーポレートパートナーシップディレクター、キャシー・レバリング

 「彼女は本当に心優しい人だったので彼女のことを知る機会がなかった人がいるのは残念です。彼女のスピリット、勇気、ユーモアのセンスは彼女を知る人すべてを鼓舞しました。彼女はすばらしい業績があるにもかかわらず、道徳的に、気品を持ち、誠実に、彼女の成し遂げた偉業に対する情熱を持ちつつ、人生を歩んだお手本のような人です。彼女なしではこの世界はこんなに特別なものにはならなかったでしょう。」
--Ty Votaw, former LPGA Commissioner
前LPGAコミッショナー、タイ・ボタウ

 「世界ゴルフ殿堂のメンバーでもあるルイーズ・サッグスにお別れを言わなくてはいけないなんて今日は辛い日です。どんな点においても彼女は素晴らしい女性でした。コースでの競争心を女子の大会を向上させるための貪欲な野望へと移行させました。彼女は世界ゴルフビレッジに住み、フロリダ州セントオーガスティンの住民として女子ジュニアゴルフにも時間をさきサポートしました。ルイーズは世界殿堂の大使として大きな存在でした。試合では彼女は見られないが、彼女のレガシーは永遠に生き続けるでしょう。」
--Jack Peter, COO World Golf Hall of Fame 世界ゴルフ殿堂最高執行責任者、ジャック・ピーター

 「親愛なる友人でもあり先生でもあるルイを失って悲しいです。私たちはゴルフに対する愛とLPGAとを強い絆で結びつけてきました。彼女の良き友人の1人であることが嬉しいです。彼女は自分が好きなことを、人生をかけて行い、女子ゴルフの将来の道を広げました。彼女は特別な存在であり私は寂しく感じます。」
--Beth Daniel, LPGA and World Golf Halls of Fame member LPGA、世界ゴルフ殿堂メンバー、ベス・ダニエル

 「ルイーズは今私たちがこうしていられる道を切り開いた1人であり、私が夢を生きられる環境を作った1人です。彼女は仕事一筋でしたが、ゴルフを愛していました。ゴルフが彼女の情熱であり、LPGAが家族でした。彼女と知り合えてラッキーですし、彼女とした色々な話は忘れられないものとなるでしょう。彼女がいなくてゴルフそのものが寂しくなるでしょう。でも、彼女の精神とゴルフの大会を成長させようという希望は永遠に生き続けるでしょう。」
--Paula Creamer, 10-time LPGA Tour winner & 2005 Louise Suggs Rookie of the Year LPGA10度優勝者であり2005年ルイーズ・サッグス・ルーキーオブザイヤー、ポーラ・クリーマー

 「ルイーズが成し遂げたこと、そして彼女が刺激を与えた人の数は数え切れないでしょう。彼女の勇気はゴルフに対する愛とLPGAに対する愛と同じくらい計り知れないものです。彼女は財産を残してくれました。惜しまれますね。」
--Carolyn Bivens, former LPGA Commissioner 前LPGAコミッショナー、キャロライン・ビベンス

 「ルイーズ・サッグスは大好きな人の1人でした。部屋に入って行くとそこで会えて嬉しいと思う人でした。彼女にはいつも話題があり、彼女は私たちがいる素晴らしい組織を向上してくれたのでいつも感謝しています。彼女と知り合えて嬉しいです。寂しくなります。」
--Nancy Lopez, LPGA and World Golf Halls of Fame member LPGA、世界ゴルフ殿堂メンバー、ナンシー・ロペス

 「ここ何年か彼女と知りあえて光栄です。女子ゴルフと女子スポーツに影響を与え、私も同じようなことができたらと思います。基礎を築いた人のように行動していきたいと思いますし、それがルイーズが私たちに望んでいることですから。」
--Stacy Lewis, 11-time LPGA Tour winner LPGA11度の優勝者、ステイシー・ルイス

 「ルイーズ・サッグスはベン・ホーガンとともに大統領夫人であったバーバラ・ブッシュにレッスンをし、ベーブ・ザハリアスの再来とも思われました。ルイーズとの会話は大会の素晴らしい歴史の中でも教訓となるものです。私のような女性すべてがLPGAでキャリアを構築し、彼女にずっと感謝し続けるでしょう。」
--Beth Ann Nichols, Senior Writer for Golfweek ゴルフウィークシニアライター、ベス・アン・ニコラス

 「ルイーズはいつも面白い話をしてくれる草分け的存在でした。LPGAのために生きたような人。彼女と他の創設者たちが次世代のために道を切り開いてくれたことをずっと感謝し続けるでしょう。」
--Annika Sorenstam, LPGA and World Golf Halls of Fame member
LPGA、ゴルフ世界殿堂メンバー、アニカ・ソレンスタム

※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>