<WGC-ブリヂストン招待 最終日◇9日◇ファイヤーストーンカントリークラブ(7,400ヤード・パー70)>

 世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-ブリヂストン招待」はオハイオ州にあるファイヤーストーンCCで最終ラウンドを実施。2日目、3日目のオーバーパーにより後退を続けて58位タイからスタートした松山英樹は6バーディ・2ボギーの“66”と最終日に意地を見せ、トータル3オーバー37位タイで4日間を終えた。

松山英樹の表情は…?PGAツアーフォトギャラリーでチェック
 苦しんだショットにこの日は光明が見えた。1番で約127ヤードを2.5メートルにつけると、続く2番パー5も3打目をピンに絡めて連続バーディ発進。6番では約6メートルのバーディパットを放り込むなど、最終日はようやくかみ合った。

 8番はボギーとするも、10番では1.5メートル、14番のボギーをはさんで、16番、18番もいずれもアイアンショットを1.5メートルにつけてバーディとし最終ラウンドを締めくくった。

 思い入れの強いトーナメントは下位での戦いとなったが、次週メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」へ向けても大事な18ホールはしっかりと結果につなげて見せた。この流れを今季最後のメジャーへつなげていくことができるか。

【最終結果】
優勝:シェーン・ローリー(-11)
2位:バッバ・ワトソン(-9)
3位T:ジャスティン・ローズ(-7)
3位T:ジム・フューリク(-7)
5位:ロバート・ストレブ(-6)
6位T:デビッド・リングマース(-5)
6位T:ダニー・リー(-5)
6位T:ブルックス・ケプカ(-5)
6位T:ヘンリック・ステンソン(-5)
10位T:ジョーダン・スピース(-4)
10位T:リッキー・ファウラー(-4)

37位T:松山英樹(+3)他
45位T:小田孔明(+5)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>