<meijiカップ 最終日◇9日◇札幌国際カントリークラブ 島松コース(6,500ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「meijiカップ」。アマチュア時代から合わせて、この大会に10回出場している菊地絵理香。今季は初優勝を挙げ、大きな期待を受けて地元・北海度で行われているこの大会に臨んでいたが、2日目終って22位タイと優勝争いには絡めず。それでも「最終日はビッグスコアを出したい」と気合をいれて挑むと、この日は5バーディ・ノーボギーの“67”をマーク。トータル5アンダー6位タイ、この試合で過去最高の位置でフィニッシュした。

トップ10フィニッシュの菊地絵里香の特選PHOTOは写真館で!
 ショットは「ぱらぱらでパーオンも10個」と決して満足のいく内容ではなかったが、その中で5つ伸ばし「忍耐力がついてきたな」と自分の成長を実感。開幕前はこのコースに苦手意識があるようだったが、「このコースを60台で回った経験がないので、苦手意識は払拭できたと思います」と笑顔を見せた。

 今週は地元からの熱い応援に応え、苦手コースで上位フィニッシュ。これからの戦いに弾みをつけた。来週は今週と同じ洋芝のコースで開催される「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」に出場する。

「好きなコースなので、いい結果を出せるといいな」。今季の目標は複数回優勝だという菊地。今週の勢いそのまま、来週の軽井沢でもいいプレーを見せてくれそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>