<WGC-ブリヂストン招待 2日目◇7日◇ファイヤーストーンカントリークラブ(7,400ヤード・パー70)>

 オハイオ州にあるファイヤーストーンCCで開催されている世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-ブリヂストン招待」2日目。松山英樹は1バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“75”のトータル4オーバー。49位タイまで順位を下げた。

今季国内ツアー初戦となった福島での激闘を写真で!
 序盤から苦しんだ。INからスタートした松山は11番で3打目をバンカーに入れてボギー。さらに13番、14番と連続ボギーの後の16番ではサードショットが池ポチャ。このホールをダブルボギーとして前半だけでスコアを5つ落とした。

 折り返してからも3番でまたしても池に入れ、約6メートルのパットをねじ込んだもののこのホールもボギー。8番でようやくこの日最初のバーディを奪ったがそこまで。上位浮上を狙った2日目は悔しい結果となった。

 それでもグリーン上の巧拙を表す数値「Strokes Gained - Putting」では平均の0を大きく上回る0.769を記録。パットの調子は悪くないだけに、明日のムービングデーでは、そのパッティングとショットを噛み合わせ1つでも上の順位を目指して行きたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>