<WGC-ブリヂストン招待 初日◇6日◇ファイヤーストーンカントリークラブ(7,400ヤード・パー70)>

 世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-ブリヂストン招待」の初日。昨年の「ブリヂストンオープン」優勝の権利で今大会に出場を果たした賞金王・小田孔明は6バーディ・4ボギーの“68”で回り、首位と3打差の2アンダー6位タイと絶好の立ち上がりを見せた。

松山英樹はカート道の上から…
 INからスタートした小田は15番までに3つのボギーを叩きいきなり3オーバー。しかし、このふがいない内容に「開き直った」。18番でセカンドを1メートル以内につけてバーディを奪ったのを皮切りに3番まで怒涛の4連続バーディ。さらに切れ味を増したアイアンで5番、6番もピンに絡めて連続バーディとして見せた。

 今大会の出場選手はわずかに77人。予選落ちがないだけに、パー3以外のティショットはすべてドライバーでコース攻略に臨む。米ツアーの長距離砲達を相手に日本の賞金王は積極果敢な攻めのゴルフで挑んでいく。

【初日の順位】
1位:ダニー・リー(-5)
2位T:グレアム・マクドウェル(-4)
2位T:ジム・フューリク(-4)
4位T:リッキー・ファウラー(-3)
4位T:ジャスティン・ローズ(-3)
6位T:小田孔明(-2)他
14位T:松山英樹(-1)他
22位T:ジョーダン・スピース(E)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>