<マルハンカップ 太平洋クラブシニア 最終日◇2日◇太平洋クラブ六甲コース(6,830ヤード・パー72)>

 シニアツアー『マルハンカップ 太平洋クラブシニア』は全日程が終了。初日首位と3打差4位タイにつけた崎山武志が1イーグル・7バーディ・1ボギーと爆発。“64”で回りトータル13アンダーで逆転優勝を果たした。

国内ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 この日は、出だしから猛チャージ。スタートの1番(パー5)でセカンドをバンカーに入れながらそこからきっちり寄せてバーディ発進を決めると次の2番、319ヤードのパー4ではワンオンに成功し、2mのイーグルチャンスにつける。そのチャンスを落ち着いて決めて8アンダーに伸ばした。さらに3番、4番で連続バーデイを奪い2桁アンダーにのせた。「どうなるかはわからなかったけれど、普段刻んでいたところも今日は全部ドライバーで打ちました。それが2番だったりに繋がったんだと思います」と積極的な攻めが功を奏した。

 その後も8番、9番、10番で3連続バーディを奪い13アンダーに。後半の15番でこの日唯一のボギーを叩き一歩後退するも最終18番をバーディで締めてフィニッシュ。5月の『〜シニアを元気に!!〜 KYORAKU MORE SURPRISE CUP』に続き今季2勝目を挙げた。

 連日の真夏日の中の戦いとなったが、暑さを吹き飛ばすプレーを見せた崎山。「走ったりは、していなかったので。しんどい中でもショットは安定していたのかなと。暑さに対してはそこまで…。今日は午後多少風が吹いていたので。昨日のほうがきつかったですよ」。

 試合後「生意気なようですけど志は大きく。今回キョウラクで勝ったのがまぐれじゃなかったということを証明できたのかな」と、この勝利に胸を張った。

 今季早くも2勝目を挙げ、「欲を言えば出来るだけ勝ちたいと思っていますよ」と意欲十分。さらに「アメリカのチャンピオンズツアーのQTを受けたいと思っていますし」と海外挑戦にも意欲を見せた。「昨年は体調・腰痛が芳しくない状況だったので、練習よりトレーニングをやってきたことで、最近は自分の思うように出来ていると思います」。気力体力ともに充実しているいま、自身は“できるだけ”と謙虚にいうが今季はさらに勝利数を伸ばしそうだ。