<大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日◇2日◇鳴沢ゴルフ倶楽部(6,587ヤード・パー72)>

 「やっと終わったなと。1日がすごく長かった」。試合後に“ホッとしている”と言いつつ、7年振りの優勝の余韻を感じながら振り返った原江里菜。強敵アン・ソンジュ(韓国)、イ・ボミ(韓国)に追い詰められながらも、弱気になる心を抑え1打差で逃げ切り、“やっとの”2勝目を手に入れた。

原江里菜の特選PHOTOを写真館でチェック!
 2位のアンと2打差で迎えた最終日だったが、1、2番でアンが連続バーディ発進で、原は4番でボギー。序盤で1ストロークリードを奪われる展開となってしまう。だがこの立ち上がりの立場逆転により、原の心は落ち着いていったという。「スタート前は“リードを守る”気持ちを持ってしまっていた。体が動かなかったしドキドキしていたけど、4番までで逆転されたことで気持ちが吹っ切れました」。

 前半はパットのストロークに不安を抱えていたが、試行錯誤を重ねながらのラウンドで尻上がりに良くなっていった。8、9番で感触のあるパーパットを沈めることができ、テークバック時に力が入ってしまっていたことを自覚。「トップで腕圧を下げるように心がけた」と修正ポイントを見つけ、終盤の大事な場面でパットの感覚のよさがピークを迎えたという。

 14、15番の連続バーディで単独首位に返り咲き、迎えた上がり3ホール。「16番さえ乗り切れば大丈夫」とスコアを落としたくない緊張感につつまれ、パーで凌ぐと残り2ホールは“優勝したい”という気持ちが高まったゆえの緊張感にさらされた。

 だが原には笑顔が見られた。「(パータッグを組む保科キャディに)笑えよって言われて。心のなかでは“緊張しているに笑えないよ”と思いましたけど」と毎試合帯同する相棒に支えてもらった。

 1打リードで迎えた最終18番のセカンドショット。ここまでの2日間のようにセカンドショットで池越えを狙う選択肢を考えたが、池を避けてレイアップし3オン2パット。この場面でヒリヒリする緊張感のなかでの心の葛藤があったという。「今までなら“ここまで勝負しなければビビッている”と周りから思われるだろうなぁと、考えていたと思いますが、“今日はパーでいい!”と自分に言い聞かせて」。勝気を装う性格がときに仇となってしまうことがあったが、この日は冷静さを保つことができた。

 「3〜4年の間、ゴルファーとして機能していなかった」なかで復活を遂げ、7年ぶりの優勝。「コーチの森(守洋)さんだったり、(先輩の)たにひろえさんだったり、私は周りに恵まれている。1人じゃ無理だったし、周りの人が諦めないように支えてくれた。諦めさせてくれなかった」。次に自身がやらなければいけないこと。「仮に若い子が初優勝したら、一変に住む世界が変わるけど、私は2勝目を手にしたからといって世界が変わるわけではない。やるべきことは結果を出し続けること。強くなったことを証明すること。また気を引き締めて来週から挑みたい」。

 “諦めさせてくれなかった人たちに、さらなる結果を見せて恩返しする”これが2勝目を上げた原が立てた“誓い”だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>