<クイッケンローンズ・ナショナル 初日◇30日◇ロバート・トレント・ジョーンズゴルフクラブ(7,385ヤード・パー71)>

 米国男子ツアー「クイッケンローンズ・ナショナル」の初日に石川遼が、エースを含む1イーグル・6バーディ・ノーボギーの8アンダーで首位発進を決めた。

米国男子ツアーをフォトギャラリーでチェック! 
 この日、INコースからスタートした石川。序盤はチャンスが作れずショートゲームで凌ぐ苦しい展開だった。しかし14番でこの日初めてのバーディを奪うとそこから快進撃。15番は1.5m、16番は7m、17番では5m、そして18番では5mをことごとく沈め5連続バーディ。折り返して1番でも2mにつけて自己最多の6連続バーディを奪取。一気に6アンダーに伸ばした。

 怒涛のバーディラッシュで上位につけた石川、後半ではさらに4番のパー3でエースを達成。ピンまで178ヤード。8番アイアンを振りぬくとピン上カラーに着弾。そこで一瞬止まったかのように見えたが、じわじわと戻りピン方向へ。ラインに乗ったボールは数秒かけてゆるゆると坂を下りカップの中にポトリ。2013年のプエルトリコオープン以来2度目のホールインワンとなった。

 そのあとはチャンスを作るが決めきれず、スコアを伸ばすことはできなかったがノーボギーで完走し、第1ラウンドは“63”をマークした。

 本人も「パッティングでしょうね」と振り返るように今シーズン一番と言っていいほどパッティングが決まった。さらにショットも冴えてチャンスを作ったこともこの日好スコアを後押しした。「パッティングがあそこまで入らなくても、内容的には良かったので、明日にもつながると思う」とコメント、充実した表情を見せた。

 「(パッティングは)打てっていてすごく気持ち良かった。今日の感じは今シーズンでもすごく良かった方。これを続けて行くことは難しいが、ショットもパットもアプローチもバンカーも全てそうだが、良いときの感触をいかに続けてけるがが大事。今日はミスパットがなく、パッティングの内容が今日は一番良かったかなと思う」。

 4番のホールインワンについて聞かれると「今までホールインワンは何回かあるが、今日のショットも良かった」と満足なショットだった。「今日の4番は難しいピンポジション、かなり難しいショットだなと思いながら打ったが、打った瞬間ほとんど完璧だと思った」。

 6連続バーディにエースと今シーズン最高のスタートを決めた石川だが、「8アンダーまで行っても、まだまだ納得のいかないショットもあった」と100%の満足ではない。「今の段階ではまだその評価はしない。ゴルフは72ホールやって初めて成立、日曜日までの全ての時間が大事。まだまだかなと思う。試合の中の4分の1が終わったというだけ」と気を引き締める。
 
 初日はパットの距離感とライン読みが噛み合いことごとくチャンスを決めた。ショットも好調でチャンスを量産。ショートゲームも安定し多少のピンチも問題なし。そして本人も“ラッキー”というホールインワンを達成するなど、勝つために必要な運もある。プレーも冴えて運もある今週の石川、何かやってくれるかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>