<南秋田カントリークラブチャレンジトーナメント 初日◇30日◇南秋田カントリークラブ(6,928ヤード・パー71)>

 秋田県にある南秋田カントリークラブを舞台にチャレンジツアー「南秋田カントリークラブチャレンジトーナメント」が開幕。初日となった30日(木)、横田真一が6アンダーで首位タイ発進を見せた。

男子ツアーの最新情報をフォトギャラリーでチェック!
 INからスタートした横田は出だしの10番など前半3バーディを重ねる。すると後半、バーディとボギーを1つずつ重ねて迎えた6番から圧巻の3連続バーディ。リーダーボードを一気に駆け上がり最高の滑り出しとなった。

 好スコアとは裏腹に横田から出てきたのは「手応えゼロです」という言葉。スタートホールからショットを引っかけるなど、全体的に不安定なゴルフだった。だが、今日は運が味方してくれた。「バンカーからの大きいショットがピンに当たってくれたり、パットがたまたま入ったり。流れが良かったとしか言いようがないよね。正直何でこの位置にいるのかと思うくらい」。

 ラッキーで掴んだとはいえ明日は最終組。このチャンスを逃すつもりは無い。「今年はたぶんあと5試合くらいしか出られないだろうから、優勝狙うしかないでしょ。ただ、手応えはゼロだから気楽な気持ちでラウンドしたいよね」。残りの18ホールも今日の流れに乗って、ポールトゥウィンといきたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>