<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 最終日◇26日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,531ヤード・パー72)>

 静岡県にある伊豆大仁カントリークラブにて開催された「センチュリー21レディス」最終日。菊地絵理香が最終日に7バーディ・ノーボギーの大爆発。決勝ラウンドのベストスコアをたたき出し、2位タイに順位を上げて3日間を終えた。

菊地絵理香、最終日で猛チャージ!そのプレーをLIVE PHOTOでプレーバック!
 2位スタートを切ったものの、2日目にスコアを伸ばせず6打差の4位タイ。「優勝は厳しいなと思ってた」と昨日のホールアウト後に語っていた通り、7バーディの猛チャージでもトップには届かず。だが収穫は大いにあった。

 「今日の6番とか、バーディが欲しくなったときに歩くのとかが速くなっているのが自分で気づけるようになった。こういう状況では飛びやすくなったり距離がでてしまうので、それを自分でコントロールできるようになれば変われる。そこを感じられたのは進歩していると感じますね」。

 もう1つ、自分がまだ足りていないと改めて感じた部分もあった。トップに2打差まで詰め寄って迎えた16番のバーディチャンス。「ボードを見て“入れたい”と思ったときに入れられなかった。そこがまだまだだな、と。そういうのをもっと経験していけば2勝目はあると思います」。

 今年の初めに立てた目標は“初優勝”。それを達成できたことで上方修正。「できるだけ早く2勝目と獲得賞金8,000万」が今の目標であると語る。今のペースなら1億円も見えてくるが「それだと色々としんどくなるし、背伸びしすぎかな、と。焦らずに行きたいですね。2つを達成できたら上方修正したいです」。ツアー初勝利後も焦らずに、だが着実に成長を続ける菊地。今週もまた新たな一歩を踏み出し、次なる戦いの舞台へと向かっていった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>