<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2日目◇25日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,531ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー『センチュリー21レディスゴルフトーナメント』の最終日。全選手が前半を終了。2位に3打差をつけて今季初優勝に王手をかけたアン・ソンジュ(韓国)は前半1バーディ・ノーボギーでトータル14アンダーに伸ばし、3打差をキープし後半へ入った。

LIVE PHOTOで最終日の模様をチェック!
 また、7アンダーの4位タイからスタートした菊地絵理香と若林舞衣子がともに4バーディ・ノーボギーで4つ伸ばしトータル11アンダーで2位タイに浮上、東浩子と共に3人でアンを追いかける。続くトータル10アンダー5位タイには原江里菜とぺ・ヒキョン(韓国)。さらにトータル9アンダー7位には前年覇者のイ・ボミ(韓国)がつける。

 また、現在トータル8アンダーの8位タイに今年の日本女子アマを制した勝みなみと先週の大会でローアマを獲得した新垣比菜、1打差のトータル7アンダー12位タイに昨年の日本女子アマチャンピオンの蛭田みな美がつけ、熾烈なローアマ争いが繰り広げられている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>