<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2日目◇25日◇伊豆大仁カントリークラブ(6,531ヤード・パー72)>

 今年で開催2回目を迎える「センチュリー21レディス」。その初代王者であるイ・ボミは2日目にスコアを伸ばし、トータル7アンダーの4位タイに浮上した。

イ・ボミ、2日目で急浮上!ボミの特選PHOTOを写真館でチェック!
 チャンスを決められなかった昨日。その流れが残ってるかのように、3番でボギーを先行させると、次の4番パー5では2打でカラーまでつけるも3パット。リズムに乗れない序盤となってしまう。

 だが、そこは百戦錬磨のボミ。6番で最初のバーディを奪うと「今日も風があるし、アンダーで回れれば良いかな」と目標を下方修正。すると力みが取れたのか次の7番でもバーディを奪取。さらにバックナインでは2度の連続バーディ。気がつけば6つのバーディを奪い、4位タイまで巻き返していた。

 その巻き返しには同組で回っていた金田久美子も舌を巻く。「前半あれだけ悪かったのにここまで伸ばしてきて。調子が悪そうな中で耐えて、後半に調整してくるのはさすがだと思いましたね」と脱帽。

 連覇のかかる最終日。首位とは6打差あるがボミに諦めの文字は無い。「明日は7アンダーを出さないと優勝は無理だと思うので、1番からバーディを獲っていきたい。集中しないとパットは入らないと思うので、最後まで気持ちを切らさず頑張りたい」。大会連覇へ。明日は序盤から流れを作り、バーディラッシュといきたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>