<世界ランキング>

 19日付けの最新の男子世界ランキングが発表され、海外メジャー「全英オープン」での激闘を制したザック・ジョンソン(米国)が13ランクアップし12位に浮上した。

米国男子ツアーを写真で振り返る!
 1位から4位までに順位の変動はなし。世界ランク2位のジョーダン・スピース(米国)は、同大会を首位と一打差の4位タイにつけ、欠場したトップのローリー・マキロイ(北アイルランド)とポイント差を大きく縮めた。

 その他、6位タイのジャスティン・ローズ(イングランド)が8位から5位に浮上。プレーオフで敗れたルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)が13位、マーク・リーシュマン(オーストラリア)が27位にそれぞれ順位をあげている。

 日本勢最上位の松山英樹は18位タイと健闘したものの、15位にランクダウンした。今回は悪天候もあり、特に難易度の高かった聖地に日本勢は苦戦。3日間の予選ラウンドを突破し、決勝ラウンドに進めた選手はおらず、世界ランキングも軒並みランクダウンした。

 また、同時期に開催された米国男子ツアー「バーバゾル選手権」はスコット・ピアシー(米国)が制し、41ランクアップの71位に浮上。23位タイだった石川遼は193位に順位を下げている。

【男子世界ランキング】
1位:ローリー・マキロイ(12.60pt)
2位:ジョーダン・スピース(11.66pt)
3位:バッバ・ワトソン(7.09pt)
4位:ダスティン・ジョンソン(6.60pt)
5位:ジャスティン・ローズ(6.50pt)
6位:リッキー・ファウラー(6.44pt)
7位:ジム・フューリク(6.39pt)
8位:ヘンリック・ステンソン(6.24pt)
9位:ジェイソン・デイ(6.14pt)
10位:セルヒオ・ガルシア(5.69pt)
12位:ザック・ジョンソン(5.12pt)
13位:ルイ・ウーストハウゼン(5.06pt)
15位:松山英樹(4.40pt)
27位:マーク・リーシュマン(3.18pt)
71位:スコット・ピアシー(1.97pt)
92位:岩田寛(1.69pt)
108位:小田孔明(1.53pt)
132位:近藤共弘(1.24pt)
135位:片山晋呉(1.22pt)
148位:武藤俊憲(1.17pt)
158位:谷原秀人(1.11pt)
170位:藤本佳則(1.04pt)
185位:藤田寛之(0.97pt)
189位:池田勇太(0.96pt)
193位:石川遼(0.94pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>