<マラソン・クラシック 3日目◇18日◇ハイランド・メドーズGC(6,571ヤード・パー71)>

 2日目に荒天の影響でサスペンデッドとなった『マラソン・クラシック』。3日目では第2ラウンドの残りホールを消化後、引き続き第3ラウンドが行われた。その3日目でも一時競技が中断、それでも無事に第3ラウンドは無事終了。

 決勝ラウンドには日本勢5人が進出。その中で野村敏京が6バーディ・2ボギーの“67”をマーク。4つ伸ばしトータル6アンダーで日本勢トップの16位タイに浮上した。宮里美香は5バーディ・2ボギーの“68”でトータル3アンダーに伸ばし、46位タイから28位タイに順位を上げた。28位タイで決勝ラウンドに進出した横峯さくらと有村智恵は共に“71”のパープレーでトータル2アンダーのまま、42位タイに後退した。宮里藍も3日目伸ばせずトータル1オーバー56位タイで最終日に臨む。

 以下日本人選手のコメントを掲載。

野村敏京(6アンダー・16位T)
「パッティングも良かったし、ショットもついてパッティングも決まったし。スコアを伸ばせた」

宮里美香(3アンダー・28位T)
「スコア的には3つ伸ばしているけどなんか打っている感じ…中断あとに3パットのボギーが2つあるのでそういう気分。でもショットはいいので、あとはパッティングです」

横峯さくら(2アンダー・42位T)
「イーブンに戻せたのはまずまずかと思うけど、パッティングはすごく良い状態だと思うけど、それがカップに蹴られたりとか。まあ、焦らずにやりたい」

有村智恵(2アンダー・42位T)
「1打1打が大事になる。あしたもじわじわと伸ばして行ければと思います」

宮里藍(1オーバー・56位T)
「あまり最後は戻そうと思っていたわけじゃないけど。今週は順位ではなく、ラクにプレーすることを目指したい。もう一日がんばりたい」

<ゴルフ情報ALBA.Net>