<全英オープン 2日目◇17日◇セントアンドリュース・オールドコース(7,297ヤード・パー72)>

 今季の海外メジャー第3戦「全英オープン」の2日目は前日深夜から降り続いた大雨により第1組スタート直後の6時46分に中断すると、3時間14分遅れで競技が再開された。再開後は青空も時折除くコンディションとなったが、雨が運んできた風が選手を苦しめている。

初日はパッティングに苦しんだ松山 厳しい表情でラインを読む
 日本勢は10時30分にティオフした岩田寛がこの日2つスコアを伸ばし、トータル5オーバーまで巻き返してフィニッシュ。日本勢最高位の41位タイからスタートした藤田寛之は11番まで終えて2つスコアを落とし1オーバー、小田孔明が5番を終えてイーブンパーとしている。初日2オーバーの池田勇太は1つスコアを落として前半終了、手嶋多一は3番まで終えたところで3オーバーとしている。

 午後組は初日をイーブンパーの64位タイで終えた松山英樹が、現地時間17時48分(日本時間1時48分)スタート。2オーバースタートの富村真治は16時59分、3オーバーから出る高山忠洋は18時21分スタートとなっている。この日の日没は22時前とされており、午後組のホールアウトは難しそうだ。

 現時点で首位にはトータル10アンダーまで伸ばしたダニー・ウィレット(イングランド)が立っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>