<全英オープン 2日目◇17日◇セントアンドリュース・オールドコース(7,297ヤード・パー72)>

 スコットランドにあるセントアンドリュース・オールドコースで開幕した、メジャー第3戦は、3週前の「全米オープン」に続き再びこの2人が中心となりそうだ。松山英樹と同組で回った、ダスティン・ジョンソン(米国)が7アンダーの単独首位。メジャー3連勝を狙うジョーダン・スピース(米国)は5アンダーで8位タイにつけた。

全米オープンでの死闘はジョーダン・スピースが制す
 チェンバーズベイで繰り広げられた死闘。勝負はプレーオフにもつれ込むかに思われたが、最後はジョンソンの3パットという思わぬ形で幕を閉じた。勝利をつかんだスピースと、目の前で逃したジョンソン。明暗はくっきりと分かれたが、ショックを引きずることもなく、ジョンソンは聖地セントアンドリュースを飛距離と勝負強いパットで攻略した。

 トーナメントリーダーとなったジョンソンは淡々と3週前を振り返った。「チェンバーズベイでは、何か悪い出来事があったわけではない。だからあまりガッカリはしていなかった。調子も悪くなかったし、自分のやるべきことをした。特段あの大会で悪い気分にはならなかったし、良いことしかない」。言葉からは悔しさも因縁も読み取れなかった。

 スピースも「チェンバーズのダスティンは大失敗を犯したわけではない。最後の1ホールだけアンラッキーだっただけだ」と同様の見解。それほどに、シアトルでの戦いは紙一重だった。

 それでも勢いに乗る21歳は、再びの勝利に自信をのぞかせる。「僕の持っているスキルでも、ダスティンの持つあのすごい能力に勝てる方法があると信じている。彼がティグラウンドに立った時、飛距離で離されることは覚悟している。でも同時に、僕自身がティグラウンドに立った時には、バーディが獲れると信じている。ただ、辿っていく道が違うだけ」。

 もし敗れたら?「飛行機に乗って米国に戻るだけさ」。次世代の戦いは週末に向けて加速していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>