<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 初日◇17日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,554ヤード・パー72)>

 今季ここまで2勝を挙げている韓国の実力者、申ジエ。この日開幕した「サマンサタバサ レディス」では4連続を含む8バーディ・3ボギーの“67”をマーク。5アンダーで単独首位発進を決めた。

LIVE PHOTOで大会初日をプレーバック!
 申は4番でバーディを先行させると、6番で約5メートルを沈めたのを皮切りに4連続バーディを奪取。「自分でもビックリ」の会心のプレーを見せた。しかし、後半は風が強まりスコアメイクに苦戦。422ヤードと距離のあ14番では「セカンドでもドライバーを持ちました。何とかパーで凌ごうと思ったけど、ボギーになってしまって」、執念の直ドラも実らず、結局後半はスコアを伸ばすことができなかった。

 しかし、「バーディを8つ獲れたので良かったと思います」と満足げな表情を見せた申。今週から手嶋多一や佐藤信人らのバッグを担いできたベテランキャディ、佐々木裕史氏とコンビを組んだ。今後は佐々木氏がメインキャディになるそうで、「新しいキャディさんになって良いスタートが切れた。これからも頑張っていきたい」と新たな相棒との上々の船出を喜んだ。

 この試合には過去、2回出場し3位4位と相性がいい。「いろんなイベントも楽しくて、雰囲気が自分に合ってると思います」。昨日の男性モデルから“壁ドン”をしてもらうゲームは「恥ずかしすぎて」辞退したそうだが、この大会独特の雰囲気もしっかり楽しんでいるという。今季3勝目にしっかりと照準を合わせた申、明日からも彼女がこの試合の中心にいることになりそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>