<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 初日◇17日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,554ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「サマンサタバサ レディス」が開幕。昨年、プレーオフで惜しくも敗れ、涙を呑んだホステスプロの香妻琴乃。リベンジがかかる大事な一戦で初日は2バーディ・1ボギーの“71”でラウンド。1アンダーで首位と4打差の16位タイとまずまずのスタートを切った。

大会初日をLIVE PHOTOでプレーバック!
 この日は台風の影響か、雨が降ったり止んだりと天候が安定せず、午後は強い風が吹くタフなコンディションに。「後半は番手を2つ上げてプレーしました」とこれには香妻も大苦戦。しかし、「今日はショットは良かったと思います」と2週間のオープンウィークの間にインサイドに上げる悪い癖を直したことで安定したプレーを見せ、アンダーでラウンドした。

 この日はパットのほうが「風の影響でアドレスがしっくりこなくて」と強風の影響を受けチャンスを決めきれずストレスの溜まる展開に。しかし、「この日はサマンサのウエアを着たジュニアが1日ずっと応援についてくれて、自然といつもより笑顔が増えました」と小さなファンたちの声援が力となった。

 「オフの練習の成果も出せたし、この調子で明日、明後日と結果に繋がれば」。スタート時はホステス大会の重圧も感じたが、上手く自分の心をコントロールすることができた。明日からもファンの応援に背中を押されながら、最終日優勝争いに絡むべく上位を狙いにいく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>