<マラソン・クラシック 初日◇16日◇ハイランド・メドーズGC(6,571ヤード・パー72)>

 オハイオ州にあるハイランド・メドーズGCを舞台に米国女子ツアー「マラソン・クラシック」が開幕。その初日、韓国のハナ・ジャンが5アンダーで単独首位に立った。

米国女子ツアーの様子を写真で振り返る!
 続く4アンダーの2位タイにはナネット・ヒル(米国)、サラ・ケンプ(オーストラリア)、リー・アン・ペース(南アフリカ)、シュ・ウェイリン(台湾)の4人。6位タイグループにはキム・セヨン(韓国)ら12人がつける混戦となっている。

 日本勢は宮里藍、宮里美香、有村智恵、野村敏京のイーブンパー40位タイが最上位。横峯さくらは1オーバーの65位タイ、上原彩子は3オーバーの101位タイと出遅れた。

 以下は日本勢の談話

有村 智恵 イーブンパー40位タイ
今日はチャンスは多くなかった。しのぐゴルフだった。明日はとにかくバーディーを取っていきたい。全英もあまり考えず、私にとっては明日までも大事だし4日間も大事だから、1日1日できることをしっかりやっていきたい。

宮里 美香 イーブンパー40位タイ
スコアはイーブンですけど、自分的にはドライバーが良くなかった。きょうはなかなか振り切れてなかった。ドライバーは生命線。しっかり振り切れたらショットにもつながるし、パットも入る。そう信じてあしたはプレーしたい。

野村 敏京 イーブンパー40位タイ
ショットが良くなくてあまりグリーンに乗ったホールが少なかった。セカンドは方向が良かったけど、距離感が悪かった。その中でパッティングがよかった。ショットを調整すれば今日よりは良いスコアで回れると思う。

横峯 さくら 1オーバー65位タイ
パッティングは少しずつよくなっている。モチベーションはすごく良い状態。今週の目標はスコアというより、考え過ぎていた部分があったのでそれをリセットさせて。ショットが良くなくても拾うというゴルフが組み立てて行きたい。

上原 彩子 3オーバー101位タイ
ティショットがフェアウエーに行かず、なかなかバーディーチャンスもなかった。セカンドもパーオンできず苦しいラウンドだった。明日はショットの修正をして良いラウンドにしたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>