<全英オープン 初日◇16日◇セントアンドリュース・オールドコース(7,297ヤード・パー72)>

 2015年のメジャー第3戦「全英オープン」が、スコットランドにあるセントアンドリュース・オールドコースを舞台に開幕した。午前スタート組は続々とコース入り。今年が最後の全英オープンとなるトム・ワトソン(米国)も穏やかな表情を浮かべて聖地の芝を踏んだ。

セントアンドリュースの全貌をチェック コースガイド
 気になるのはスコットランド特有の天候。朝8時の段階では曇りで気温は6度と肌寒いコンディションながら、風も穏やかで多くの選手がスコアを伸ばしている。しかし、夕方に近づくにつれて雨と風が強まる予報も出ているだけに午後組の選手は厳しい戦いを強いられそうだ。

 日本勢は富村真治が日本時間16時44分にスタート。松山英樹は日本時間17時33分にティオフを迎える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>