<全英オープン 事前情報◇15日◇セントアンドリュース・オールドコース(7,297ヤード・パー72)>

 スコットランドにあるセントアンドリュース・オールドコースで行われる、2015年のメジャー第3戦「全英オープン」。その開幕が翌日に迫った水曜日、松山英樹は東北福祉大の先輩コンビ岩田寛、富村真治と共に、夕方のイベントのために17番から出て16番で終える変則の練習ラウンドで最終調整を終えた。

松山が挑むセントアンドリュース・オールドコースとは?
 旧知の仲の2人にテレビ解説の丸山茂樹、青木功も加わった練習ラウンド。「良いのか悪いのかわからないけど」と厳格なメジャーの前日とは一線を画すリラックスした雰囲気に松山にも自然と笑顔がこぼれる18ホールとなった。トーナメントでは初体験となるセントアンドリュースについては、4度の練習ラウンドで「やっぱりバンカーに入れると難しい。バンカーを避けてグリーン周りをしっかりできればいいスコアで上がれると思う」と攻略ルートを見出した。

 「全米オープン」から3週間のオープンウィークを挟んでのメジャー連戦だが、ショットの状態は高い水準をキープしている。「先週の最後の方にやっといい感じで打てるようになってきた。まだ納得のいく感じではないけど、今まで迷ってた部分がオーガスタが終わってから徐々に良くなってる中で、今が一番フィーリングがいいのかなと思う」。自身の手ごたえは高まる一方の周囲の評価にたがわぬものだ。

 ただ一方で、グリーン上の状態は今一つというのが今の自己評価。「パットは知らないです(笑)」と苦笑いを浮かべて、この日もラウンド後はパッティング練習に時間を割いた。「一回ミスすればどんどん打ってしまうコース。入れてはいけない場所に行かないというのをしっかりすればスコアは伸びていく」。ジョーダン・スピース、ダスティン・ジョンソンという最注目組でいよいよ3度目の全英が幕を開ける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>