ゴルフの聖地、セント・アンドリュースで開催される全英オープンと聞いて、まず思い出されるのは、ジョン・デーリーだ。

【関連】全英オープン 事前フォトギャラリー
 あれは1995年大会。勝利に迫ったデーリーが、右こぶしを突き上げ、腕をぐるぐる回しながらフェアウエイを闊歩した姿が忘れられない。米国からやってきた荒くれ者の勇ましい姿を間近に眺め、スコットランドの大観衆は叫び声すら上げながら狂喜した。聖地を興奮に包み、プレーオフで勝利を掴んだデーリーは、以後、自身がどんなに不調になっても、こう言い続けている。「オレはセント・アンドリュースが大好きだ。米ツアーが全試合をあそこで開いてくれたら、オレは毎週でも優勝できるぜ」。

 2000年に聖地で勝利したのは、タイガー・ウッズだった。あの勝利でウッズは史上5人目のキャリア・グランドスラムを達成。ジャック・ニクラスのグランドスラムから実に34年の歳月を経て達成された快挙。そしてウッズは2005年大会も制し「僕は初めてセント・アンドリュースをこの目で見た時から恋に落ちた。“I loveSt.Andrew”」と、聖地への愛を何度も口にした。

 2010年大会の覇者、ルイ・ウーストハウゼンは、若き現代っ子のせいか、デーリーやウッズのような恋愛にも似た感情を言葉にすることはなかった。あの年は聖地が妙に好天に恵まれ、おまけに無風に近い穏やかな4日間だった。そんな「異変」を感じ取った選手たちは、英国リンクスのゴルフらしからぬ、むしろアメリカ流のゴルフスタイルこそが武器になると見定め、高い球で攻めていた。そんな臨機応変な対応を最も見事にやってのけたのが、勝者・ウーストハウゼンだった。

 そう、英国リンクスは気まぐれで、瞬く間にその姿を変え、挑戦者たちに求めるゴルフも変えてくる。その気まぐれさを、往年のプレーヤーたちは、しばしば女性に例えた。だからなのだろう。彼らは全英オープンの舞台となるゴルフコースを語るとき、「she」「her」と女性になぞらえる。セント・アンドリュースは、その女性的な魅力が際立つ最も崇高な聖地。だが、それは同時に最も厄介な場所でもある。今年、そんな気まぐれな女神の心を掴むのは、果たして誰なのか。
 
 今季、マスターズと全米オープンを制したジョーダン・スピースは、すでに年間グランドスラムの中間地点まで到達しており、全英オープンをも制することができるかどうか、勝って世界ランキング1位に躍り出るかどうかが世界的に注目されている。

 だが、大半のトッププレーヤーたちが前週のジョンディア・クラシックを休んで早めにセント・アンドリュース入りする日程を選ぶ中、スピースは頑なにジョンディアに出場する道を選んだ。

 2年前、まだ米ツアーの正式メンバーにもなっておらず、全英出場資格も持っていなかったスピースが、あらかじめ英国行きの荷造りをした上で挑んだのがジョンディアだった。そして、見事に初優勝を遂げ、全英行きの最後の1枚の切符をぎりぎりで掴み取り、絶対に無駄にはしないと念じながら荷造りしたスーツケースを、彼はそのまま彼の地へ持っていった。

 いわば、スピース優勝物語の幕開けとなった思い出深き大会。感謝の念を抱いている大会。その大会に出て、「心もゴルフもギアアップして翌週に備えるのが僕の流儀。次戦がメジャーであろうと何であろうと、その姿勢を変えるつもりはない」。

 そのジョンディアをプレーオフで見事に制し、最高のギアアップをやってのけた。その足でプライベートジェットに乗り込み、セント・アンドリュースに赴いたスピースを聖地の女神はどんなふうに迎えるのだろうか。前週も米ツアーの試合に出て、ぎりぎりで現地入りしたスピースを、全英オープンに対する準備不足と見なすのか。それとも、お世話になった初優勝の大会に恩返しも兼ねて出場し、勝利を掴んだスピースを讃え、年間グランドスラムへと導くのか。

 聖地の女神は最高に気まぐれゆえ、スピースばかりに視線を向けるとは限らない。欧州ツアーのスコティッシュオープンで勝利したリッキー・ファウラーが今度こそメジャー優勝を成し遂げるかもしれない。突如、女神が日本人選手に微笑み、歴史を変える可能性だって、もちろんある.

 ともあれ、セント・アンドリュースでは強烈に印象に残るドラマが起こる。それだけは確かだ。

文 舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

<ゴルフ情報ALBA.Net>