<ジョン・ディア・クラシック 3日目◇11日◇TPCディアラン(7,268ヤード・パー71)>

 米国男子ツアー「ジョン・ディア・クラシック」の3日目。悪天候のため2度の中断をはさんだが、無事全選手がホールアウトした。日本勢で唯一この大会に参戦している石川遼は3バーディ・4ボギー・1ダブルボギー・1トリプルボギーの“77”と大乱調、スコアを6つ落としトータル1オーバー69位タイまで順位を落としてしまった。

米国男子ツアーのここまでを写真で振り返る
 先週の「ザ・グリーンブライヤー・クラシック」でも3日目に“75”を叩き、順位を大きく落とした石川。「4日間続けて、安定して良い数字で上がるのが一番大切なこと。それが出来るように戻していかないといけない。今はその途中だと思う」と予選は通過できているが、どこかで大叩きしてしまうのが現時点での大きな課題。

 「まだ本当にやるべき事が山積み。まだまだだなと言う感じです」、この日はショット、パット共に精彩を欠いた石川。いいプレーができる日もあるだけに、2週連続のムービングデーでの躓きは悔いが残る。

 「また明日、来週の試合に向けてつながるような形でラウンドしたい」、最終日は復調への手ごたえをつかむようなプレーができるか。レギュラーシーズンは残りあとわずか。来季の出場権獲得へ向け、気の抜けない戦いが続く。

<ゴルフ情報ALBA.Net>